年賀状で住所変更は伝わらない?

年末に滑り込みで投函した年賀状のうち、何通かが宛先不明で戻って来ました。

パソコンで前年と同じ住所をプリントしているので、書き間違えではあません。

宛先の方々の昨年の年賀状で、改めて住所を確認して見ると
みなさん、おととし引っ越していて、
年賀状の住所のところに、「引っ越しました」とか「新住所」などと
付記されていました。

正直なところ、全く気が付きませんでした。

年賀状とは別に住所変更のハガキをもらうと、
そのハガキを年賀状と一緒に保管しておいて、
翌年の年賀状を書くときにパソコンのデータを新住所に更新するので、
宛先不明になることはありません。

年賀状に住所変更の旨が付記してあるだけだと、
どうしても見落としてしまいます。

届いた年賀状を見るときは、誰から来たかを確認するのが
主目的となり、内容はサッと眺めるだけ。

細かいところまで熟読することはまずありません。
年賀状ってそういうものなのではないかと思います。

なので、年賀状では住所変更は伝わらない・・・

そう考えるのは私だけでしょうか?

パソコンとプリンターがなかった時代なら、前の年の年賀状の住所を見ながら
宛先を書いていたので、年賀状で住所変更が伝えられたと思いますけど。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック