40にして惑うべし

その昔、孔子は「40にして惑わず」と言ったそうですが、 それは大昔の話だと思います。孔子の時代は、 15で学を志し、30にして立ち、40にして惑わず、50にして天命を知る、60にして耳したがう・・・ というのが理想だったかもしれませんが、 長寿社会となった現代は、もっとロングスパンで考えて良いと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼む力

お客さまが中国に進出することになりました。 私は中国のことは知りませんでしたが、 「中国のことを知っている人」 に連絡をつけてくれるであろう人 を知っていました。 なので、その人に連絡し、何人かの人を介して、 お客さまが中国に出張した際に、 現地で情報収集ができる手筈を整えることができました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛乳宅配とイノベーションのジレンマ (牛乳宅配営業の実情 その後日談)

先日の一件以来、明治の牛乳宅配営業に疑問を持っていたのですが、 実はその後、明治本社の営業部門や宅配部門の担当者の方々に会って 宅配事業や営業のやり方などについて、直接、話を聞く機会を得ました。 話の詳細についてはブログで公表しないと約束したので、 ここでは触れませんが、牛乳宅配件数は、当然ながら、昔にくらべれば 激減して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PUSH型セールスに明日はあるのか?(牛乳宅配営業の実情)

先日、急ぎの宅配便が届くのを待っていたときのこと、 ドアチャイムが鳴ったので、待っていた荷物が届いたのかと思って ドアを開けたら、 「ボク、明治乳業の宅配の営業やってます吉●って言います。」 と、若い兄ちゃんが作り笑顔で立っていました。 「またか・・・(-_-)」 と思いました。 よく来るんですよね、明治乳業…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

グッチで財布を盗まれた話

ちょうど1年前の話です。 ひたち立志塾のみなさんと1週間ほどイタリア視察旅行に行って いたのですが、その際に立ち寄った、ミラノのグッチで財布を盗まれました。 グッチで財布を買おうと思ったら、自分の財布を盗まれたというお話です。 犯人は美人2人組のスリでした! 友人と2人で財布売場を見ていたときに、 隣にチョー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺たちの“白熱教室”vol.2

日本工業大学専門職大学院で、『俺たちの“白熱教室”』第2弾を開催しました。 実在する中小企業をモデルにしたケーススタディです。 私は前回に続き、 教材作成と全体のファシリテーションをやらせていただきました。 参加者は、日工大MOTの教授陣と修了生。 参加した修了生のほとんどは、中小企業の社長や企業の経営幹部です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中小企業家同友会で“白熱教室”

神奈川県中小企業家同友会の青年部で “白熱教室的セミナー”をやらせていただきました。 参加者は若手経営者や後継者の方々など。 内容は、実在する中小企業をモデルにした生々しいケーススタディです。 既にフェイスブック上では、当日の画像やコメントが飛び交っておりますが・・・ みなさん積極的で、建設的な意見やアイデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染対策への疑問

浄水場や下水処理場、清掃工場などに放射性物質が集まっています。 また、各地で放射能汚染のホットスポットがあると伝えられています。 そんな状況の中で報じられる政府の汚染対策には疑問を感じます。 低レベルの汚染物質は各自治体の責任で埋め立てるとか、 汚染されている牛は殺処分して焼却するとか言われていますが、 それは、放射性…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

それでも原発は必要です。

今日の日経朝刊に、アメリカの戦略国際問題研究所ジョン・ハムレ所長の 「原子力放棄、むしろ弊害大」という論文が掲載されていました。 福島原発事故以降に高まっている「脱原発」という世論は大きな誤りだと 論じています。 私はこの論旨に賛成です。 今回の事故を機に、日本が脱原発に舵を切り、原子力エネルギー利用を諦め、 原…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

建設業の社長会でも“白熱教室”

神戸で開催された、ITGネットワーク社長会で “白熱教室的ワークショップ”をやらせていただきました。 参加者は全国から集まった建設業の経営者の方々。 テーマは、「建設会社が今できること、やるべきこと」 東日本大震災の復興に寄与するために、 建設業界として何ができるかをディスカッションしていただきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺たちの“白熱教室”

日本工業大学専門職大学院で、“白熱教室”を開催しました。 参加者は、教授陣と修了生。 教授陣は経験豊富なコンサルタント、修了生は中小企業の経営者や幹部、支援機関の方などです。 私は教材作成と全体のファシリテーションをやらせていただきました。 内容は、実在する中小製造業を取り上げたケーススタディで、 モデル企業の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本を出版しました。

昨年の春から書き始めた本がようやく出版の運びとなりました。 今回の本でもたくさんの方々にご協力いただきました。 この本のイラストのため都内某所ビルの地下電気室に入っていた際に 地震に合うという、忘れ難い思い出もできました。 電気設備が一番わかる (しくみ図解)技術評論社 五十嵐 博一 Amazonアソシエイト b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地を歩く

先週、仕事の関係で千葉県内の液状化地域を中心に調査に行ってきました。 浦安は液状化被害の大きかった地域です。 いたるところで歩道はガタガタ。あちこちに液状化で噴き出した砂が積もっています。 川の護岸沿いに大きな亀裂。周囲の地盤が沈下したことがわかります。 今も下水が復旧していない地区もあり、公園に仮設トイレが設置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親を亡くして泣き崩れる友と過ごす

大学時代の友人から食事しようと誘われて、久しぶりに夜の池袋へ。 久々の再会。開口一番、「実はいろいろあってさ」と言う。 先週、父親を亡くし、身内だけで葬儀を終えたばかりだったのだ。 父親は病気で入院していたのだが、地震の直後に様態が急変したそうだ。 兄妹で毎日、看病に行っていたのだが、 地震直後は交通マヒで2日ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震の日

このたびの地震で被害を受けたみなさまに謹んでお見舞い申し上げます。 地震のとき、私は港区内のビルの地下にいました。 編集の方とイラストレーターさんと一緒でした。 揺れがおさまったので打合せをしようと外に出ると、 周辺は心配そうに外に出てきた人たち。ヘルメットをかぶっている一団も。 とりあえず、浜松町駅方面に向かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郵便局のサービスに格差あり

当社の周辺には、3件の郵便局があります。 一番近いのは、駒込駅前郵便局。 ここはいつも混んでいます。 職員さんはたくさんいるんですが、開けている窓口は少なめ。 そのうえ客の待合いスペースが狭くて、 満員電車のような混み具合の時さえあります。 窓口による混雑の差が大きいのもここの特徴。 忙しい窓口の隣で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スケジュールが埋まっていないと不安」ですか?

先日、ある中小企業診断士の方と一緒に仕事をしていたときのこと、 その方、 「先々のスケジュールが埋まっていないと不安で仕方がない」 と言います。私はビックリしました。自分と全く逆の感覚だったからです。 先々のスケジュールが埋まっているということは、 一定の収入の見込みがあるということで、 スケジュールが空いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄弟会社の明暗

兄弟それぞれが同業で起業するという事例は意外に多いです。 有名なところでは、プーマとアディダスがあります。 同族経営の中小企業では、親からの事業承継の際に 兄弟が別々の会社に分かれるというケースもあります。 このようなケースは、兄弟の不仲が原因ということもあります。 プーマとアディダスのように、それぞれが成功す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一歩踏み出す勇気

大学時代に、毎年、河口湖で学校主催のボート大会がありました。 我々ボート部員は、1人ずつ参加チームの艇に乗り込み、 コックスとなって、クルーを指示して艇を操ります。 参加者は一般学生や教員なので、ボートは素人です。 素人クルーにコックスとして乗り込むのは、結構、怖いものです。 風や波の中で、各艇をスタートラインにならべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当にあった、ザ・ゴールの世界

ある企業の工場を診断したときの話です。 生産データを分析して、 各工程の機器ごとに稼働率を求めました。 すると、ある工程の機器だけが、 他とくらべて明らかに高い稼働率であることがわかりました。 この機器は、全体工程の中では、メインの加工工程ではなく、 補助的な作業を受け持っているものです。 数年前に、処理能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more