テーマ:技術経営

40にして惑うべし

その昔、孔子は「40にして惑わず」と言ったそうですが、 それは大昔の話だと思います。孔子の時代は、 15で学を志し、30にして立ち、40にして惑わず、50にして天命を知る、60にして耳したがう・・・ というのが理想だったかもしれませんが、 長寿社会となった現代は、もっとロングスパンで考えて良いと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼む力

お客さまが中国に進出することになりました。 私は中国のことは知りませんでしたが、 「中国のことを知っている人」 に連絡をつけてくれるであろう人 を知っていました。 なので、その人に連絡し、何人かの人を介して、 お客さまが中国に出張した際に、 現地で情報収集ができる手筈を整えることができました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺たちの“白熱教室”vol.2

日本工業大学専門職大学院で、『俺たちの“白熱教室”』第2弾を開催しました。 実在する中小企業をモデルにしたケーススタディです。 私は前回に続き、 教材作成と全体のファシリテーションをやらせていただきました。 参加者は、日工大MOTの教授陣と修了生。 参加した修了生のほとんどは、中小企業の社長や企業の経営幹部です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中小企業家同友会で“白熱教室”

神奈川県中小企業家同友会の青年部で “白熱教室的セミナー”をやらせていただきました。 参加者は若手経営者や後継者の方々など。 内容は、実在する中小企業をモデルにした生々しいケーススタディです。 既にフェイスブック上では、当日の画像やコメントが飛び交っておりますが・・・ みなさん積極的で、建設的な意見やアイデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでも原発は必要です。

今日の日経朝刊に、アメリカの戦略国際問題研究所ジョン・ハムレ所長の 「原子力放棄、むしろ弊害大」という論文が掲載されていました。 福島原発事故以降に高まっている「脱原発」という世論は大きな誤りだと 論じています。 私はこの論旨に賛成です。 今回の事故を機に、日本が脱原発に舵を切り、原子力エネルギー利用を諦め、 原…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

建設業の社長会でも“白熱教室”

神戸で開催された、ITGネットワーク社長会で “白熱教室的ワークショップ”をやらせていただきました。 参加者は全国から集まった建設業の経営者の方々。 テーマは、「建設会社が今できること、やるべきこと」 東日本大震災の復興に寄与するために、 建設業界として何ができるかをディスカッションしていただきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺たちの“白熱教室”

日本工業大学専門職大学院で、“白熱教室”を開催しました。 参加者は、教授陣と修了生。 教授陣は経験豊富なコンサルタント、修了生は中小企業の経営者や幹部、支援機関の方などです。 私は教材作成と全体のファシリテーションをやらせていただきました。 内容は、実在する中小製造業を取り上げたケーススタディで、 モデル企業の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more