テーマ:技術士

青森の風力発電倒壊事故

青森県の岩屋ウィンドファームで風力発電機が倒壊しました。 強風の影響ではなく、謎の倒壊と言われています。 平成15年には宮古島の風力発電機が倒壊しました。 この時の原因は想定外の強風でした。 宮古島、青森ともに、鉄筋が引っ張り力に耐えられず引きちぎられています。 青森の場合は、想定外の強風に襲われたわけではないので …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改正建築士法が成立したが・・・

改正建築士法が成立した。 色々論議があったが、結局、一級建築士取得後5年経って講習を受ければ 構造一級建築士や設備一級建築士になれるというもの。 おそらく今回の改正では、実質的なところは今までと何ら変わらないだろう。 大規模建築物は、建築士一人で意匠、構造から設備、電気まで全てを 監理するのは不可能だ。 組織上や手続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミナーをネットで配信

ある上場企業で建設技術者向けのセミナーを実施しました。 このセミナーは、イントラネットで全国各地の拠点に生中継されました。また、後からいつでも復習できるように、後日ストリーミング配信されます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「建築基準法と防災」を執筆

社団法人日本電設工業会発行の電気設備の総合誌 『月刊 電設技術』10月号で “建築電気防災設備”を特集しています。 私はこの特集の中で「建築基準法と防災」を担当して執筆しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

執筆依頼が来る!

ある専門誌から特集記事の執筆依頼が来ました。 専門性の高い内容で、最新の法規をフォローしなければなりません。 手持ちの文献だけでは足りそうにないので ジュンク堂で関連する専門書や雑誌のバックナンバーを仕入れてきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな資格を取得

都庁に行ってきました。 ある仕事の関係で必要になった資格の交付申請です。 その資格は第1種電気工事士。 また建設業に戻るためではありません。 とある事情で取得せざるをえなかったのです。 ちなみに電気工事士の資格更新は5年ごとです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校エコ改修研究会

荒川区の小学校エコ改修研究会で 千葉県白井市立白井第二小学校の見学に行ってきました。 RC4階建 延2,900㎡躯体だけを残した内外装全面改修、耐震補強、30kWの太陽光発電で 工費は4億7,300万円とのこと。 ここの改修は環境省のエコ改修事業ではありません。 太陽光発電はNEDOのフィールドテスト事業です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霞ヶ関の現場見学

霞ヶ関三丁目南地区再開発事業の現場を見学してきました。 超高層棟2棟を建設する他、旧文部省の建屋の一部を保存する工事で 政府によるBTO方式のPFI事業です。スポンサーは大成建設グループ。 施工中の現場と旧文部省建屋の大臣室を見せていただきました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辞めた会社から電話が・・・

大阪時代の上司から電話がありました。人手不足とのことで、臨時の応援要請です。さっそく某設計事務所に行ってきました。久しぶりに図面を広げて、テクニカルタームが飛び交う打合せに参加。応援部隊として、私のほかに大ベテランのOBも駆り出されていました。こちらのOBは、リタイア後、技術コンサルとして活躍しているようです。「独立したら、人の縁が仕事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同級生の診断士も独立していた!

大学時代の同期会で1年ぶりに同期&後輩の面々に再会しました。同期に診断士・CPAがいるんですが、驚いたことに、大手コンサルファームを辞めて独立していました。コンサルとしての実績がある上に、大手企業をクライアントとしてかかえたまま独立しているので、順調な滑り出しのようです。独立コンサル同士で協力し合えるかなと思っていると、技術系の仕事や不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建設系NPOに入会

建築技術支援協会に入会しました。ここはベテランの建設業関係者が集うNPOです。理事の方2名との面接を経て入会を許されました。ここには建築系、構造系、設備系などあらゆる専門家がそろっています。手掛けている事業も、技術伝承、マンション問題、建設業経営など多岐に渡っています。ここで建設業関係のネットワークを広げ、専門技術を生かしていきたいと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入札説明会に参加

公共事業の受注を目指し、ある自治体の入札説明会に行ってきました。いわゆる“現説”です。サラリーマン時代は、設計担当者として官庁や公団の現説に行きました。設計担当者が現説に行くことは少ないのですが、震災復興工事で人手が足りない時には、設備設計担当者が1人で現説に行ってくるという場面もありました。他社の営業マンは驚いてましたが・・・。今日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建設業経営研究会に入会

昨日、建設業経営研究会に入会しました。ここは、長年業界に関わってきたベテランの先生方が集う、専門性の高い研究会です。会員名簿には502教室さんや□□C同期のSさんの名前も・・・。昨日のテーマは、建設業の経営指標。建設業28業種別の粗利率、資本利益率、労務費率、外注費率などをTKCのデータから検証しました。資料をまとめた先生は大変だったと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アウトプットのためのインプット、そのための投資

良質なアウトプットのためには、良質で新鮮な情報のインプットが欠かせない。このところ、忙しさにかまけて、インプットを怠っていたことを反省し、昨日から日経産業新聞を読み始めた。来月からは、建設業界紙も購読することにした。少なくとも新聞などで公になっている業界情報はインプットしておかなければ、プロとしてクライアントから報酬を貰う資格はない。自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確認検査機関の責任は問えるか?

構造計算書偽造問題で、建築確認を行ったのは民間の確認検査機関だ。確認検査機関の役割は、まさにこのようなことが起こらないようにチェックすることである。しかし、今回のような、悪意を持った偽造工作は犯罪だ。確認検査機関に犯罪の取締りを課すのは酷だ。今回のケースで、仮に役所に確認申請を出していたとしたらどうだろう。役所がこのような偽造工作を見破…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

構造計算書偽造を考える・・・

マンションの構造計算書偽造が大問題になっている。今、渦中にいるのは、下請の構造設計事務所だ。しかし、この事務所は、元請の設計事務所から構造計算を下請したに過ぎない。この事務所が独自の判断で偽造したとは考えられない。デベロッパーと元請設計事務所が何らかの形で関与していると考えるのが自然だ。法律上の建築士の責任という意味では、下請の構造設計…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

企業研修会社を訪問

先日、あるセミナーで、大手メーカー系研修会社の方と知り合いました。その方から、ちょっと来てほしいという連絡があり、今日行ってきました。取引業者向けセミナーの企画と講師の依頼でした。とりあえず、近日中に企画書を提出することになりました。この会社は、技術系や営業系など色々なセミナーを企画しています。技術系のセミナーの方は、専門知識を生かせそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転職同窓会?

前職で同じ課にいた先輩と久々に会食しました。この先輩は、私より2ヶ月ほど早く華麗な転職を決めた方です。相変わらずの優雅な生活ぶりを聞かせて頂きました。先輩から、私の後に転職した後輩も、大手デベロッパーに入ることができたとの話を聞きました。また情報では、建設大手のK社は設計部門を別会社化するとか・・・。同業他社の追従は必至との噂だそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セミナー講師を受託

某商社主催のセミナーで講演することになりました。今日はその打合せ。セミナー参加者は30人程度で、中小企業経営者のほかベンチャーキャピタル関係者などもいるそうです。製造業関係者も多いとのことで、診断士であると同時に技術士であることを評価していただきました。○○Cのコンサル部門と商工会議所から仕入れたネタを利用して、テーマとストーリーを決め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学の講義依頼が来る!

夕方、プロコンセミナーでお世話になったコンサル会社に行ってきました。いきなり、私の専門性をフルに活かせる仕事の話でした。やはり、コンサルタントの業務の中には、技術屋としての私の専門性を発揮できる領域がありました。この仕事は今後、さらに詳細を詰めていくことになりました。ちなみに、この件には城北支会の先輩、堅太さんも携わっているそうです。夜…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

橋梁談合に思う・・・

橋梁業界の談合問題が騒がれています。同じ談合体質の業界で、長年、談合漬けで仕事をしてきた経験から感じることが二つあります。一つは、「大型プロジェクト」は、官製談合無しには成り立たないということです。そもそも、レインボーブリッジとかベイブリッジのような超大型プロジェクトの受注者を入札で決められるわけがないのです。大型プロジェクトでは、相当…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都議定書と診断士

東京支部のRMCゼミナールに行ってきました。テーマは「京都議定書の発効とその課題」。堅いうえに、ビジネスとの直結を連想しにくいテーマのせいか、若手の姿は皆無。ベテランと思しき先生方が30~40人ほど出席されていました。今日はASCOMとダブっているので、若手の皆さんの多くはそちらに行かれていると思われます。「京都議定書ゼミ」の方は、日大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自動車メーカーの工場で打ち合わせ

今日は某自動車メーカーの工場増築プロジェクトの打ち合わせでした。既存工場内を一通り見せてもらったんですが、本職の建築設備を見ながらも、生産管理板とか品質管理板、「かんばん」などが気になってしまい、ついつい覗き込んでいました。ここの工場は、主にエンジンの部品加工と組み立てを行っています。もちろん、JIT生産です。このところ、研究施設や物流…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

脱線事故を考える・・・

尼崎の脱線事故は、未曾有の大惨事となってしまいました。原因の第一は、なんと言ってもスピードオーバーです。車両がつぶれた状態を見ると、“運動エネルギーは速度の二乗に比例する”ことを改めて認識させられました。制限速度を守っていたら、たとえ脱線したとしても、あれほどの被害にはならなかったはずです。そして、カーブでの急ブレーキ。カーブを走行中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社名決定!

おかげさまで社名が決定しました!司法書士事務所から連絡があり、第一候補の社名でOKになりました。みなさんからアイデアを頂きましたが、結局、自分で考えたものになりました。応募していただいた方には、後日改めて御礼させてもらいます。事業目的の方は、一部加筆修正が必要となりました。法務局から「技術コンサルタント」に具体的な内容を明記するよう指導…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

トラブル処理!

今日、ウチの部は、とある重要得意先で発生したトラブルの処理に追われていました。と言っても私は担当外であったため、幹部と担当者の様子を傍から見守っていました。第一報は、昨日の夕方、隣の部から入りました。今日は朝一で、担当技術士2名を派遣。うち1名は、先日辞職したmayu先輩から引き継いだばかりのoha君でした。その後、得意先キーマンが現地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more