郵便局のサービスに格差あり

当社の周辺には、3件の郵便局があります。

一番近いのは、駒込駅前郵便局。

ここはいつも混んでいます。
職員さんはたくさんいるんですが、開けている窓口は少なめ。

そのうえ客の待合いスペースが狭くて、
満員電車のような混み具合の時さえあります。

窓口による混雑の差が大きいのもここの特徴。

忙しい窓口の隣で、暇そうな窓口の職員さんが
ウトウトしているのを目撃したこともありました。

とにかく待ち時間が長いので、近くても、
なるべくここには行かないようにしています。

次に近いのは、中里郵便局。

ここは比較的すいていて、待ち時間も短く、
待合スペースも広いので、以前はよく利用していました。

しかし、しばらく前から、いちいちホールの案内係に
来店目的を説明しなければ窓口に進めないという、
妙に面倒くさいことになってしまいました。

入ったとたんに、詰め寄られたら、

「会社の納税と、個人の振り込みと、あとハガキと切手を買いに来ました。
 それから、ATMでお金をおろします。」

とか、とっさにスラスラ答えられません。

なので、最近ここも避けてます。

3件目は、ちょっと歩いたところにある、本駒込二郵便局。

ここはそんなに広くないんですが、すいているうえに、
行くとすぐに締めていた窓口を開けて対応してくれるので、
ほぼ待ち時間なし。

そのうえ、職員さんがみなさん愛想が良く、
とても感じがいいんです。

なので、最近はできるだけココを利用するようにしています。

同じエリアの同規模の3つの郵便局でも、接客サービスは、三者三様。
民営化後、サービスの格差は広がっているようです。

郵政全体のサービス改善の道は険しいようですが、
少なくとも、末端の郵便局には、サービスの向上を図ってもらいたいものです。

競争原理を導入して、接客サービスの良くない郵便局が淘汰されるって
ことにでもなれば、全体のサービスレベルは向上するかな・・・。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック