残念な土産物屋さん

富山県の射水市商工会で講演させていただいたのですが、その際に立ち寄ったJR高岡駅の駅ビルにある土産物コーナーが、何とも残念でした。

まずは、有名な鱒寿司のコーナー。
画像


お菓子のコーナー その1。
画像


お菓子のコーナー その2。
画像


お菓子のコーナー その3。
画像


どのコーナーも、ひたすら外箱を展示するのみ。

どこかの共産圏の商店かと思いました。

どうやら、駅ビルを建て替える予定らしく、既に退去したテナントも多いようで、そんな中で残っている店舗も仮設営業の雰囲気。

でも、もうちょっとディスプレイに気を使ってほしいところです。

今回、高岡駅と富山空港で土産物を物色しましたが、菓子、海産物、酒とも、東京で売っていそうなものばかりで、何も買う気になれませんでした。

ここならではの特徴とか、希少性とか、もっと明快に打ち出さないと、隣接する石川や新潟には勝てないと思いました。

海あり山ありの富山県は、磨けばまだまだ光るはずです。

がんばれ富山県!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック