駅前チラシ配り観察記

駒込や王子の駅周辺には、毎日のように
美容院のチラシ配りの人たちが、たくさんタムロしています。

この人たち、美容師さんなのか?インターンとかなのか?
あるいは、チラシ配りのバイトなのか??

とにかく、毎日毎日、朝から晩まで、大勢の若者がチラシを配っています。
割引チケットらしいですが、毎日のことなので、受け取る人はごく稀です。

どうやら駒込も王子も同じ系列店らしいのです。

チラシ配りに飽きると、チラシ配りの体制のまま、
近くにいる仲間同士で談笑し始めます。

狭い駅前通路で、数人が2~3メートル離れた状態で
ペチャクチャしゃべっているので、結構、
歩行者の邪魔になったりしているのですが、そんなことお構いなしです。

先日、王子駅前のバス停でバスを待っていると、
若い女の子がこの美容室のチラシを配っていました。

でも、明らかに受け取ってもらおうという意思はない様子で、
通行人に、ただ機械的にチラシを差し出し、
「お願いしま~す」とつぶやいています。

この「お願いしま~す」も、かなり省略形になっていて、
実際のところは、

「がいしまぁ~」 と聞こえます。

通行人が2人続くと、

「がいしまぁ~、がいしまぁ~」 になります。

そして、通行人の間隔が短いときには、

「がいしま、しまぁ~」 となっちゃっています。

もはや、配っている本人も、一体、自分が
何をつぶやいているのか、わからなくなっちゃっているんでしょうね。

3人続くと、「しま、しま、しまぁ~」 って、

なんか、縞模様なの?と思ってしまいます。

何人かに1人、受け取る人がいると、驚いたように我に帰って、

「しま、しま、しまぁ、あっ、ありがとうございまぁ~」 と、ひと呼吸します。

そのとき、

「しまぁ、しまぁ、しまぁ・・・」

という呪文のリズムを崩されたことが気に入らないかのように、
ちょっと不機嫌そうな表情を浮かべたように見えましたが、
気のせいでしょうか・・・。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック