サムライ業独立日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 出社拒否社員と管理職のリーダーシップを考える・・・

<<   作成日時 : 2005/03/30 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年度末は人事異動のシーズンです。私の所属する部も、転職する先輩やら、移動する後輩やらで、今日も内輪の送別会でした。今ウチの部には、体調を崩してずっと休んでいる人がいます。かれこれ半年くらいかな・・・。何を隠そう、私が通っている成田の現場も、彼がある部門を担当していたのです。噂では、この4月でスタッフ部門に籍を移すことになっていたました。ところが最新情報では、スタッフ部門から、欠勤社員の人件費を負担するのを嫌がられ、今の所属のままとなるらしいです。表向きには外科的な病気による欠勤ですが、精神的な面の理由もあるようです。彼の上司が個性的で厳しい人なので、今の所属のままでは再起は難しいような気がします。欠勤中の彼が、今の部に転勤してきたとき、私は彼に、あの上司の「“攻撃対象”にならないように気をつけろ!」言っていたのですが、いつのまにか“どつぼ”にはまってました。
ハーシー=ブランチャードのシチュエーション・リーダーシップによれば、本来、管理職が発揮すべきリーダーシップとは、個々の部下の特性や能力に応じて変化させるべきものです。ところが、現実の社会では、部下が管理職の特性(個性)に合わることがほとんどではないでしょうか。これでは、組織の発展は期待できませんし、個々の部下の強みを発揮して、組織力を高めることはできません。企業の繁栄と人材の維持・育成のためには、管理職の能力開発が必要となります。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出社拒否社員と管理職のリーダーシップを考える・・・ サムライ業独立日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる